篠原ともえが結婚した池澤樹さんとの馴れ初めは?

1990年後半にブームを起こした「シノラー」こと篠原ともえさん、現在はアート業界で活躍しているのですが、結婚してることが判明いたしました。

篠原ともえさんの結婚相手でもある、池澤樹さんとはいったいどのような人物なんでしょうか?また二人の馴れ初めなどを含めて、篠原ともえさんを掘り下げてみました!






篠原ともえさんのプロフィール

本名 篠原 ともえ(しのはら ともえ)
生年月日 1979年3月29日
血型 AB型
身長 152cm
出身地 東京都青梅市
事務所 古舘プロジェクト

ヨネスケさんや古館伊知郎さんらが設立した「古館プロジェクト」に所属しており、1995年には話題の石野卓球さんプロデュースにより歌手デビューもされています。

人懐っこいキャラやハイテンションな可愛いキャラクターでよく、ダウンタウンさんにもいじられ、人気がありましたね。数々のバラエティ番組で活躍しておりました。

歌手やタレントだけではなく、女優としても活躍し、1990年代後半には原色を基本としたファンションで「シノラー」ブームも起こしました。

篠原ともえの結婚記事について

スポーツ報知により、篠原ともえさんが結婚されていたことが発覚!そのツイッタがこちらです!

女優・歌手で、ファッションデザイナーとしても活躍する篠原ともえ(40)が、大手広告代理店に所属する37歳のアートディレクターの男性と結婚していたことが3日、関係者への取材で分かった。

90年代後半に「シノラー」ブームを巻き起こし、現在はアートの業界で活躍する篠原が、プライベートで最高の伴侶に巡り合っていた。関係者によると、2人は今年1月末に婚姻届を提出。現在はヨーロッパに新婚旅行に出掛けているという。

令和元年に芸能界でも結婚が相次いでいますが、実は平成の1月末に婚姻届を提出しているようですね。そして結婚して3か月も経過しているとのことです。マスコミはどんだけノーマークだったのか?と思ってしまいますね(^_^;)

篠原ともえさんの結婚相手は?

気になる結婚相手ですが、「3歳年下の大手広告代理店に所属する37歳のアートディレクター」ということです。


篠原ともえさんの旦那の顔画像や仕事(職業)や年収

篠原ともえさんの旦那さん(池澤樹さん)の気になる顔画像はこんな感じです。

池澤樹さんは、数々の賞を受賞している人気アートディレクターです。wikiペディアもあるほど、業界では有名なアートディレクターで、一流企業の博報堂に所属しています。

一般のアートディレクターの年収は、450~650万円らしいですが、電通や博報堂などの大手広告代理店のアートディレクターの年収は、1000万円~1300万円ほどあるようです。よって、池澤樹さんの年収は軽く1000万円を超える一流のアートディレクターとなりますね。

受賞歴もすごく、個人のHPもありますね。⇒https://www.tatsukiikezawa.com/profile

篠原ともえさんと池澤樹さんとの馴れ初めは?

篠原ともえさんと池澤樹さんは2018年10月に仕事で出会います。そしてアートの話題で意気投合して交際することになったようです。そして出会って2か月ほどで婚姻届を提出するほどのスピード婚です。篠原さんの原画展で監修をしていたそうですね。

篠原ともえさんと原画展での打ち合わせをしてる池澤樹さん

アートで意気投合したカップルだったのですね。アートの価値観はよくわかりませんが、アートでの意気投合っていうのが篠原ともえさんにはピッタリなお相手な気がします。

まとめ

あのシノラーが結婚したことで驚きですが、本当におめでたいことです。今後も良い夫婦でいてほしいですね、そしてシノラー2世(子供)も見てみたいという期待もあります。芸能界に入るかは別として、またあの明るい愛らしいキャラクターの子供になりそうですね!末永くお幸せに!本当にご結婚おめでとうございます!(^^)!