鈴木 祐
鈴木祐さんの大ベストセラー「最高の体調」進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法を要約していきます。

この本のコンセプトはあなたを進化医学のアプローチで最高のコンディションに導くことです。
重要ポイントを3つに分けて要約していきます。

  1. コンセプト
  2. 文明病がすべての不調の原因
  3. 炎症と不安の具体的対策
created by Rinker
¥699 (2021/07/24 00:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

コンセプト

「最高の体調」のコンセプトは、進化医学のアプローチで、最高のコンディションに導くことです。

進化医学とは、進化論と最新の医学のデータを組み合わせた学問で、科学的にとても信頼のおけるもので、あなたを最高のコンディションに導くための強力な武器になります。

多くの人は日々何かしらの不調を抱えています。

  • 朝起きれない
  • 仕事の集中力が続かない
  • 怒りがコントロールできない
  • 常に体調が悪い
  • うつ病である
  • 肥満である
  • モチベーションが低い
  • 眠れない

これらの症状がある人は、進化医学のアプローチで改善していきましょう。

これらの病状は一見バラバラに見えますが、根本的原因は1つです。

それは「文明病」です。

文明病がすべての不調の原因

文明病とは、近代社会の変化によって引き起こされる現代に特有の病気や病状を意味します。

典型的な例は、「肥満」「集中力の低下」「うつ病」です。文明病とは古代には無く、現代になって生まれた新しい病気です。

では、現代になり、なぜ新しい病気が生まれているのか?

簡単に言うと、我々の体は、狩猟採集生活の頃の環境に最適化されているので、現代の高層ビルとかテクノロジーとか食事が体に合っていないからです。

もう少し具体的に説明していきます。最新の研究で人類は進化の過程で古代環境に最適化してきたことがわかっています。自然の中で獲物を追って、太陽の動きに合わせて暮らし、少数の仲間と語り合う。人の脳と体はそんな環境の中でこそ最高のパフォーマンスを発揮できるように進化してきたのです。

ところが現在では、食料が豊富にあり昔にあった濃密な人間関係が失われ、自然と接する機会も減り、昔にはなかったテクノロジーに囲まれて生活しています。

この人類の進化と現代でミスマッチが現代の病気、すなわち「文明病」を引き起こしているのです。

いつも体調不良・うつ病・集中力が続かない、イライラする、そんな症状は「文明病」です。しかしあなたが悪いわけではないのです。現在の環境に体がついていかないのは当たり前のことなのです。

では、この体調不良をなくすためにどうすればいいのか?を次の章で要約していきます。

炎症と不安の具体的対策

これまで人類の進化と現代のミスマッチにより「文明病」が起こり、体調が悪いといった症状を引き起こすとされています。

人類の進化と現代のミスマッチにより文明病が起こるのだから文明病を治したければ、人類の進化と現在のミスマッチを減らせばよいのです。

代表的なミスマッチとは、「炎症」と「不安」です。

炎症と不安、この2つを対策すれば、文明病が治り日々の体調不良から回復できます。

炎症

炎症とは何でしょうか?

これは、ヒトの細胞レベルで起こるか火事のようなもので、多くの研究により「うつ」「肥満」「糖尿病」といったさまざまな不調の原因と考えられています。

炎症を治すための最も効果的なのは、

  1. 自然との接触を増やす
  2. 食物繊維を増やす
  3. 運動する

の3つです。自然との接触を増やすために公園に行ったり、食物繊維を増やしたり、運動したりしましょう。

古代では自然に触れ合うのが当たり前で、食物繊維をたくさん食べており、運動していたのです。こうしてミスマッチをなくしていきましょう。

不安

不安は古代から存在してきた感情ですが、実は現代人が抱く不安は古代人が感じていたものとはまったく性質が異なります。

その食い違いのせいで文明病が起こっているわけです。

古代人が感じていた不安とは、「はっきりとした不安」です。

食料が手に入らないかもしれない、肉食動物に襲われるかもしれないといった目の前のことに対して不安を感じていたのです。

対して現代人は、「ぼんやりとした不安」をずっと抱えています。

いきなり動物に襲われるといった不安はなくなった代わりに、将来のことを考え始めるのです。将来、食べていけるだろうか、将来のやりたいことが見つからない、などと将来に対する不安を感じています。

これが、「ぼんやりとした不安」ということです。

あなたも思い当たるのではないでしょうか!?

この「ぼんやりとした不安」によって文明病が生まれています。

ぼんやりとした不安をなくす方法

ぼんやりとした不安をなくす方法を具体的に言うと、

  1. 価値観を設定する
  2. マインドフルネスをする

この2つが有効です。「自分はこのために生きている」「自分はこれだけは譲れない」といった価値観を持つことでぼんやりとした将来の不安から解放されて、今に集中することができます。

今に集中しているという状態は、目の前の獲物を必死に追いかける、目の前の動物に襲われないように注意を払うと言った
古代人と同じ状態になります。

この本では、価値観を設定するためのさまざまなツールも紹介されているので、気になる方は本書を手にとって読んでみてください。

created by Rinker
¥699 (2021/07/24 00:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

マインドフルネスと瞑想は、ほぼ同じ意味で使われています。毎日5分でもいいので瞑想すると良いです。

まとめ

この本のコンセプトで、あなたを進化医学アプローチで、最高のコンディションに導くとお伝えしました。

そして、人類の進化と現代のミスマッチが、現代特有の病気「文明病」を引き起こしているとお伝えしました。

人類の進化と現代のミスマッチを減らすことが大切で、ミスマッチとは炎症と不安であるとお伝えしました。

炎症を治すためには

「自然との接触を増やす」「食物繊維を増やす」「運動する」の3点を実行しましょう!

不安を治すためには

「価値観を設定する」「マインドフルネスをする」の2点を実行しましょう!

あなたも一つだけでもいいので生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。最近体調が悪い感じる時は「文明病」が原因かもしれません。この進化医学アプローチを実行することで徐々に治っていくと思います。

created by Rinker
¥699 (2021/07/24 00:56:16時点 Amazon調べ-詳細)