両@リベ大学長
両@リベ大学長氏の著書、本当の自由を手に入れる「お金の大学」の重要ポイントを要約していきます。経済的自由を手に入れたいあなたにお金の知識をお伝えします。

著者の両氏は、日本一自由な会社の社長、登録者68万人越えのユーチューバーとしても人気を集める人物です。

「お金の大学」の重要ポイントは4つです。

  1. 大原則は「生活費<資産所得」
  2. 「貯める」には減らすこと
  3. 「稼ぐ」には「給与所得」と「事業所得」
  4. 「増やす」には準備が必要
created by Rinker
¥1,089 (2021/07/24 00:01:29時点 Amazon調べ-詳細)

大原則は「生活費<資産所得」

本書は、あなたが知りたい「経済的自由になるための具体的方法論」をまとめた書籍です。では、経済的自由とは一体どんな状態でしょうか?

それは、単純で「生活費<資産所得」という状態です。

これはお金の大原則とも言われ、著者は「経済的自由を目指すには生活費を減らして資産所得を増やす」と述べています。

例えば、

資産所得が、月1万円あれば水道光熱費がまかなえる
資産所得が、月3万円あれば食品がまかなえる
資産所得が、月7万円あれば家賃が賄えるといった具合です。

生活費を切り詰めながら、資産所得を増やしていけば、「生活費<資産所得」といった状態になります。では、何をすれば「生活費<資産所得」という状態にできるのでしょうか?

著者の両氏が唱える、「お金にまつわる5つの力を身につける」ことです。

5つの力とは、

  1. 貯める
  2. 稼ぐ
  3. 増やす
  4. 守る
  5. 使う

貯めるとは、支出を減らしてお金をためることです。固定費削減や節税をし生活満足度を下げずに支出を減らします。

稼ぐとは、収入を増やすことです。給与所得や事業所得で十分な収入を得ます。

増やすとは、資産を増やすことです。不動産投資や配当金、利子などの投資で資産を増やします。

守るとは、資産を減らさないことです。節税して資産を守ります。

使うとは、人生を豊かにすることにお金を使うことです。人生の満足度が高まるお金の使い方です。

「貯める」には減らすこと

お金の大原則は、「生活費<資産所得」という状態にすることですね、「生活費<資産所得」という状態にするために、必要な力について解説します。

貯める力

両氏いわく、貯める力とは、生活満足度を下げずに支出を減らす力

この力が身につくと、資産を貯めるスピードが速くなります。やる気次第ですぐに成果が出ますね!

資産所得が生活費を上回るには、資産所得を大きくすれば良いと考えますが、実は生活費を小さくすることが一番手っ取り早いんです。なので、支出を減らすことが最優先となります。

ではどうすれば、支出を減らすことができるのでしょうか?

1回の支出より固定費を見直す

効率よく支出を減らすには、毎月かかる固定費を減らすことです。例えば、月5000円の固定費がある場合、年間6万円払うことになります。もし、この固定費をなくすことができればこの6万円は払わずに済みます。

金額が大きな支出から見直す

金額が小さな支出を減らすより、金額が大きな支出を減らすほうが効果的です。例えば、食費を切り詰めるために、安い食品を買うというのは、小さな資質なので効率が低い悪いです。それよりも大きな買い物やローンなどの支出を減らすことのほうが効率的です。

では、具体的にどんな固定費を見直せばいいのでしょうか?

主に、通信費・光熱費・保険・家・車・税金です。これらの固定費は比較的見直しやすいので効率よく支出を減らすことができます。

「稼ぐ」には「給与所得」と「事業所得」

お金の大原則は、「生活費<資産所得」という状態にすることですね。
生活費という支出を減らすことで、資産所得が大きくなりやすいのですが、さらに加速させる方法があります。それは、資産所得そのものを大きくすることです。

いくら生活費を切り詰めても、資産所得が小さければ小さな資産しか買えないからです。小さな資産しか買えなければ、経済的自由へ到達するのに時間がかかりすぎます。だからこそ次に重要となってくるのが「稼ぐ力」です。

この稼ぐ力を身につけるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは収入について知りましょう。収入は大きく分けて、「給与所得」と「事業所得」の二つがあります。

給与所得とは、お給料のことで会社などに雇われて時間と引き換えにお金が得られるものです。毎月決まった金額が得られるので安定性が高い特徴があります。

事業所得とは、自分の事業から得られるお金のことです。給与所得より安定税はありませんが、成長性があるのでうまく仕組み化すれば資産所得になります。税金をコントロールしやすい特徴があります。

どちらかの所得を増やすのではなく、2つの所得をバランスよく増やすことがポイントです。まず安定性の高い給与所得で生活の基盤を固めます。同時に成長性の高い事業所得を育てていくことで、稼ぐ力を大きくすることができます。

両氏いわく、事業所得を育てるには、最初はサラリーマンのままスモールビジネスをスタートさせることがお勧めと述べています。

以上をふまえると、「安定性×成長性×節税効果」を確立でき、最強の稼ぐ力が手に入ります。

「増やす」には準備が必要

給与所得と事業所得を両立させることが稼ぐ力を向上させるポイントでした。では「お金を増やす力」について解説します。

この力が身に着くと、働かなくても収入が得らます。資産所得を大きくするためには、稼ぐ力を身につけろでしたが、これだけでは経済的自由には届きません。

給与所得にしろ、事業所得にしろ、働くのを止めたら収入がゼロになるからです。だから「増やす力」が必要です。この増やす力を一言でいうと「投資」です。自分が働くのではなく、資産に働かせるということです。

では具体的にどんな投資でしょうか?

両氏が初心者に推奨しているのが、株式・債券・不動産・コモディティ・預金の5つです。

まとめ

では、重要ポイントのまとめです。

  1. 経済的自由になるため5つの力を身につける
  2. 固定費の見直しを行う
  3. スモールビジネスを始める
  4. 生活を守るお金を貯めてから投資をする

本当の自由を手に入れる「お金の大学」の重要なポイントの要約となります。ご参考になれば幸いです。

created by Rinker
¥1,089 (2021/07/24 00:01:29時点 Amazon調べ-詳細)